住まいには居住者の人数分の駐輪場が最大で必要

私の住まいにある駐輪場は居住者数に比べて圧倒的に少なく、駐輪スペースの確保が問題になっています。

住まいには居住者の人数分の駐輪場が最大で必要

住まいには居住者の人数分の駐輪場が最大で必要

私の住まいは東京のはずれにあり、最寄駅からはバスで15分、バス停から徒歩4分のところにあります。
中規模マンションで総戸数は30戸ですが、駐輪場が圧倒的に足りません。購入時の入居説明会で各部屋に1台分の駐輪場があると説明されましたが、とても足りる数ではありませんでした。入居当時は若夫婦が多くて、子供がいてもまだ幼児がほとんどでした。駐輪場が各部屋1台あると説明されても、誰も不足するとは思い至りませんでした。ですが年数が経ち、子供たちが大きくなるとそれぞれが自転車を持つようになりました。何といっても駅までの距離が微妙です。
バスに乗るにも停留所まで4〜5分歩き、バスが来るのを待たねばならず、自転車ならばその間に駅に到着してしまいます。
バス代もかかりませんので、通勤にも通学にも自転車を利用するのがベストです。
そうこうしているうちに、マンションの駐輪場は自転車で溢れ、玄関前のアプローチにまで自転車が雑多に並ぶようになりました。

台風の日には風で自転車がドミノのように倒れます。
アプローチに止めていた来客の自家用車に傷がつかないか、管理人さんはいつもハラハラしています。
夜遅く帰宅すると、他人の自転車を倒さずに自分の自転車を止めるのは大変な苦労です。
また、マンション前に乱雑に自転車が置いてあると景観も悪いですし、いたずらをされることもありました。マンションの管理組合でも何年も前から問題になっていますが、スペースが限られていますので駐輪場を増設するのは簡単には出来ません。2段式の駐輪場を設置するには経費もバカになりません。長引く不況で最近は自家用車を持つ人が減っています。
エコの観点からも、また震災の経験からも自転車を利用する人が増えています。
これからのマンションは駐車場の確保同様に駐輪場についても良く考慮した設計が必要だと思います。
駐輪場が足りないのなら、自転車そのものをコンパクトにしてエレベーターにも乗りやすく、居室まで運べるものが開発されたら、駐輪場問題の解決のひとつになるのではないか...と考えたりしています。

近頃良く聞く住まいの参考になるネタは情報量が多いこのサイトをブックマークしましょう



Copyright(c) 2014 住まいには居住者の人数分の駐輪場が最大で必要 All Rights Reserved.